編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

在宅と出社の“ハイブリッドワーク”、「ほぼ在宅」「ほぼ出社」より効率的に

TechRepublic Japan Staff

2020-09-30 06:30

 パーソルプロセス&テクノロジー(パーソルPT、江東区)は4月の緊急事態宣言から約半年が経過したことを受けて、テレワークに関する意識がどのように変化しているのか、20~60代の一般社員210人と管理職190人、合計400人を対象にインターネットで調査。9月29日に結果を発表した。

 今回の調査は、テレワーク(オンライン)と出社(オフライン)を組み合わせた“ハイブリッドワーク”を中心に据えている。ハイブリッドワーカーは、「ほぼ出社」「ほぼ在宅勤務」よりも「効率的に仕事ができている」と感じる割合が76.9%と高くなっている。

効率に仕事ができている(出典:パーソルPT)
効率に仕事ができている(出典:パーソルPT)

 「会社に対して愛着・信頼を感じている」の割合は、ハイブリッドワーカーが72.3%。「ほぼ在宅勤務」は51.0%と、ほかに比べて最も低い結果となっている。

会社に愛着や信頼を感じている(出典:パーソルPT)
会社に愛着や信頼を感じている(出典:パーソルPT)

 「社内の同僚や後輩、上司と円滑なコミュニケーションが取れている」でもハイブリッドワーカーが最も高く69.2%。「ほぼ在宅勤務」「ほぼ出社」よりも高い結果となった。

同僚や後輩、上司と円滑なコミュニケーションが取れている(出典:パーソルPT)
同僚や後輩、上司と円滑なコミュニケーションが取れている(出典:パーソルPT)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]