編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

モバイルでのPDFの読みづらさを解消--「Liquid Mode」から見えるアドビの狙い - (page 2)

阿久津良和

2020-09-30 06:45

 PDFの構造分析はLiquid Modeに実装にとどまらず、「ゴールはPDFの可能性を広げること」(昇塚氏)にある。PDFの構成要素をJSON形式で出力する「PDF Extract API」の開発にも着手しており、現在プライベートベータを公開中だ。

 アドビは同APIを用いることで、行プロセスへの流用や大量のPDFを一括処理して共通項目を抜き出して分析するなど、さまざまな場面に活用できると説明する。

PDF Extract APIの概要 PDF Extract APIの概要
※クリックすると拡大画像が見られます

 コロナ禍でのクラウドサービス「Adobe Document Cloud」ビジネスは順調に推移し、2019年比のグローバルでの「Adobe Sign」利用率は200%以上、Adobe Acrobatの月間アクティブユーザー(MAU)数は100%増、Adobe Scanのインストール数も250%に増加したという。

 アドビへの「問い合わせや売上額も3~4倍に成長した」(北川氏)。同社は5月に「Adobe Signソリューション販売パートナープログラム」を開始し、Document Cloudビジネスの拡充を図っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]