編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
エッジコンピューティング入門

第2回:コードがエッジコンピューターで動く未来

伊東英輝 (アカマイ・テクノロジーズ)

2020-10-09 06:00

 前回は、エッジクラウドにおけるエッジコンピューティングの可能性について説明した。今回はもう少し具体的に何ができるのかを中心に解説する。

エッジコンピューティング市場のメインプレーヤーは?

 米Gartnerは、自社のブログで「かつてクラウドが企業のデータセンターを飲み込んだように、エッジがクラウドを飲み込む」と論説している。その中で、既に多くのワークロードがクラウド上で生まれているが、次のトレンドはそのワークロードの大半がエッジに移ると予見している。

 クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングを比較した興味深いグラフがある。米国の投資・調査会社Cowenは、2008年からのクラウドコンピューティング市場規模の成長結果と、2019年からのエッジコンピューティング市場の成長予測を重ねて比較した。


 グラフを見ると、両者の黎明期から10年間の成長カーブは類似している。エッジクラウドの成長もこのグラフと同様の成長カーブを描くと考えられている。世界中のマイクロデータセンターに大量のエッジサーバーを分散して配置する資本力と、世界中に散りばめたエッジサーバーを運用管理する技術力やノウハウが求められるため、既存のCDN(コンテンツ配信ネットワーク)ベンダーとクラウドサービスプロバイダーが、エッジクラウドのメインプレーヤーになるだろう。今それらのベンダーが考えるエッジコンピューティングの最前線の姿を見てみよう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]