編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

電子署名ドキュサインの「eSignature」サービス、「Slack」と連携

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-10-06 12:50

 DocuSignとSlackは、DocuSignの「DocuSign eSignature」ツールをSlackのワークプレースコラボレーションプラットフォームに統合するための新たな提携を発表した。この統合により、ユーザーは「Slack」アプリケーション内から直接、eSignatureを用いたドキュメントの署名や送付が可能になる。

 デジタル変革への取り組みとリモートワークが増えつつある中、DocuSignは「DocuSign Agreement Cloud」を強化している。同社は、この統合が販売アプリケーションや人事アプリケーションにとって理想的なものだとしている。

 DocuSignのeSignatureプロダクト担当責任者でグローバルバイスプレジデントのJerome Levadoux氏は、「リモートワークが広まる中、さらなる顧客がコラボレーションのツールやチャネルを選択し、電子メールから移行するようになっている。当社の新しい「eSignature」の統合によって、Slackでネイティブに、重要な文書の送信、文書への署名プロセスを効率化することで、チームは仕事をこなすことが容易になる」と述べた。

 DocuSignは今回の統合、そしてFacebookの「Workplace」で実現している同様の統合によって、DocuSignの柱とも言える電子署名サービスを主要コラボレーションプラットフォームに組み込んでいくことで、エンタープライズソフトウェアチェーンを拡充していこうとしている。同社は、このような形のコラボレーションプラットフォームの連携を活用し、大規模なエンタープライズ企業向けのサービスで弾みをつけるとともに、リモートでシグネチャーベースの契約を行う事例が増加している人事やセールス、法務の市場で地位を固めようとしている。

 Slackも、チームコラボレーションの分野の利用が拡大する中、エンタープライズ市場で勢いを得ている。第2四半期終了時点の有料顧客数は13万以上となっている。最新の決算では、有料顧客のうち985件がSlackに10万ドル以上の年間経常収益をもたらしていると報告していた。

 Slackは、Workday、Atlassian、Amazon Web Services(AWS)、Oracle、SAP、Google、Salesforce、ServiceNowなどともパートナーシップを組んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]