編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

アイデンティティ管理のOkta、セールスフォースの「Work.com」と連携

阿久津良和

2020-10-08 06:15

 Identity as a Service(IDaaS)として、シングルサインオン(SSO)や多要素認証、ID管理をクラウドで利用できる「Okta Identity Cloud」を提供するOktaは米国時間10月7日にオンラインイベント「Okta Showcase 2020」を開催。同日にSalesforce.comとの提携を発表した。具体的にはOktaのサービスとSalesforce.comの「Work.com」を連携させて、セキュリティの強化やアプリケーション展開の容易化を目指す。

 日本時間10月6日に開いた記者会見でOktaの共同創業者で最高執行責任者(COO)、エクゼクティブバイスチェアパーソンのFrederic Kerrest氏は「Work.comのローンチ時にSalesforce.comからお声がけがあった」と説明。「(両社の)パートナーシップは短期ではない。共通の顧客に対してできることはたくさんある。Salesforce.comはアプリケーションとデータを提供し、Oktaは従業員の安全を守る」と語った。Work.comとOktaの連携は10月8日午前5時から行われた。

Okta COO兼エクゼクティブバイスチェアパーソン Frederic Kerrest氏
Okta COO兼エクゼクティブバイスチェアパーソン Frederic Kerrest氏

 Work.comは、クラウド型の顧客情報管理システム(CRM)「Salesforce Customer 360」をベースに開発され、従業員の健康チェックや各個人の勤務形態などの情報を通じて、コロナ禍における事業再開を支援するクラウドサービスだ。収集データから従業員の健康状態を分析する「従業員健康チェック」や社内アプリケーションと従業員の健康調査データをまとめる「Workplace Command Center」といった機能を備えている。

 6500超のアプリケーションやサービスでSSOなどのIDaaS環境を実現してきたOktaだが、今回の提携によって「Oktaが優先IDコネクターとして用いられ、ユーザーに対する自動化を実現」(Kerrest氏)できるという。

Okta+Work.comの連携による主な利点
Okta+Work.comの連携による主な利点

 Work.comとの連携についてKerrest氏は、「重要なのは3つ。1つめは『スピード』。コロナ禍が蔓延している状態では、タイミングが重要だ。2つめは『セキュリティ』。オフィスをオープンするためのデータは機密性が高く、(扱いは)セキュリティリスクを伴う。3つめは『複雑性』。われわれは広範なエンタープライズに依存している。ボランティアやパートナーを含めた企業体に。さらにモバイルデバイスのサポートも必要だ」と説明し、コロナ禍にある企業や従業員の支援が主目的であると語った。

 Kerrest氏はまた、Work.comにOktaを組み合わせることで「(コロナ禍で)社員や非正規社員が分散し、必要なアプリケーションも役割も異なる。アプリケーションの展開や既存ディレクトリとの統合、機密性の高いデータを場所やデバイスを問わずSSO環境を実現する」とアピールする。Oktaの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のTodd McKinnon氏とKerrest氏はOktaを創設する以前、Salesforce.comに在籍していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]