編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

マイクロソフト、アプリストア10原則を発表--アップルとグーグルを暗に批判

Katie Conner (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2020-10-09 07:00

 Microsoftは米国時間10月8日、「Windows 10」向けアプリストアに関する新たな10項目の原則を発表した。AppleとGoogleのポリシーを暗に批判する内容となっている。Microsoftによるこの新しいガイドラインは、Windows 10向けソフトウェア開発者の選択、公平性、イノベーションを促進することを目的としている。

Microsoftのロゴが表示されたノートPC
提供:Angela Lang/CNET

 「開発者は当社のアプリストアを通してWindows向けアプリを配信するかどうかを選択する自由がある。当社はWindows上で競合するアプリストアをブロックしない」と、最初の原則には記されている。

 同原則ではこのほか、開発者のビジネスモデルやコンテンツとサービスの提供方法を理由にアプリをブロックしないこと、アプリ内課金で利用する決済システムを理由にアプリをブロックしないことなどを定めている。

 さらに「Windows 10はオープンプラットフォームだ。他のいくつかの人気デジタルプラットフォームとは異なり、開発者は自分のアプリの配信方法を選択する自由がある」として、AppleとGoogleを暗に示唆した。

 AppleとGoogleは、それぞれのアプリストアにおける手数料をめぐり、ゲーム「フォートナイト」開発元のEpic Gamesと係争中だ。

 米下院議員らは6日、Facebook、Amazon、Google、Appleが「支配力を濫用」していると批判し、各社の構造改革を求めた。議員らは、Appleが同社の「App Store」で「門番としての権力」を行使していることも問題視した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]