編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

中規模な個人情報漏えいの最多は小売りの24%--サイバーセキュリティクラウド調査

ZDNet Japan Staff

2020-10-13 06:00

 サイバーセキュリティクラウドは、2019年10月1日~2020年9月30日に公表された個人情報漏えい事案の業界別分析の結果を発表した。最多は小売りだったとしている。

 分析は、不正アクセスが原因で被害規模が1000件以上・100万件未満の中規模の事案となる50件を対象としている。事案数の最多は小売りで全体の24%を占め、以下はサービス・インフラ(22%)、メーカー(18%)だった。金融は6%にとどまった。

 漏えい件数別では、小売りが92万6002件と最も多く、以下はメーカーの59万4753件、サービス・インフラの33万8618件、官公庁・公社・団体の17万9242件、ソフトウェア・通信の15万6783件だった。上場企業(グループ会社を含む)は全体の約43%を占め、ここではメーカーが67%で最も高かった。

漏えいした個人情報件数の業界別比較(出典:サイバーセキュリティクラウド)
漏えいした個人情報件数の業界別比較(出典:サイバーセキュリティクラウド)

 同社は、「小売りでは上場企業の割合が25%にとどまるものの、被害事案は最多となり、セキュリティ対策が十分でない非上場企業が被害に遭うケースが多いことが分かった。経済産業省の調査で2019年の国内のEC市場規模が約7.7%拡大し自社でECサイトを運営し顧客情報を扱うケースも多く、サイバー攻撃の標的となる可能性がある」と指摘している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]