編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

大画面はどこまで仕事で使えるか--2つ折りスマホ「Galaxy Fold」を使ってみた

山本雅史

2020-10-16 07:15

 サムスン電子ジャパン(サムスン)の2つ折り有機ディスプレイ(有機EL)搭載スマートフォン「Galaxy Fold」は、OSに「Android 10」を採用し、開いた大画面に3つのアプリを表示、同時に利用できる、折りたためるスマホ端末だ。日本ではauが発売している。

 11月上旬には上位機種「Galaxy Z Fold2」の発売を控えているが、改めて使い心地などを紹介する。

折りたたんだ状態はコンパクトだ 折りたたんだ状態はコンパクトだ
※クリックすると拡大画像が見られます

2つの画面を持つ折りたたみスマホ

 折りたたんだ状態で外側の表にくるカバー側には、4.8インチのHD+(1680×720)の有機ELを搭載している。ポケットから出してメールやSNSを確認するには便利だが、4.5インチというサイズを考えると、画面が小さく使いづらい。メールを読んだり、Twitterを流し読みしたりするにはこのサイズでもなんとかなるが、返信などの作業をする時には、2つ折りを開いて、大画面にアプリを移した方が効率がいい。

 2つ折りを開いたメインディスプレイは、7.3インチの大型ディスプレイを実現している。解像度もQXGA+(2152×1536)となっており、広々としたディスプレイでさまざまな操作ができる。

 サムスンは、Galaxy Foldに「App Continuity」という機能を追加している。カバー側のディスプレイでアプリを使っている時に2つ折りを開くとメイン側のディスプレイが立ち上がり、アプリ画面をメインディスプレイにあわせたサイズに自動で修正、移動する。カバー側とメイン側のディスプレイが別々に管理されていないため、カバー側のアプリがメイン側で自動的に起動されて、操作が継続できるのは便利だ。

ブラウザーやメールなどのアプリを表示。 ブラウザーやメールなどのアプリを表示。
※クリックすると拡大画像が見られます
広げるとApp Continuity機能で大画面に自動的に切り替わる 広げるとApp Continuity機能で大画面に自動的に切り替わる
※クリックすると拡大画像が見られます

 ただし、App Continuityで利用できるのは、メール、「Google Chrome」ブラウザーなどの特定のアプリだけで、すべてのアプリが対応しているわけではない。どのアプリが対応しているかは、実際に試してみるまでわからない。また、メイン画面で起動したアプリの折りたたんだカバー側へという逆方向の自動移行には対応していない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]