編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

富士通ら、みずほ銀行にタブレットソリューション提供--営業店事務をデジタル化

NO BUDGET

2020-10-16 16:23

 みずほ銀行は、営業店で顧客がタブレットから直接、入金や出金、振込、口座開設、住所変更などの手続きが行えるタブレットソリューションを開発し、全国348店舗に順次展開していく。富士通とバンキングチャネルソリューションズが発表した。

 同ソリューションは、富士通とバンキングチャネルソリューションズが、みずほ情報総研と共同で開発に参画した。富士通とバンキングチャネルソリューションズは、タブレットをサブスクリプション型で提供する他、マルチベンダーのハード保守と運用サポートを行うサービスも提供する。

 タブレットソリューションによる各種サービスは、同行の新勘定系システム「MINORI」にタブレットから直接オンライン接続できる仕組みにしており、来店した個人顧客は、申込書への記入などをすることなく、タブレットへの入力のみで取引を完結できるようになる。また、タブレット搭載カメラによる本人確認書類の読込みやスマートフォン生体認証機能との連携により、顧客は窓口で本人確認手続きを実施する必要はない。

 同行が利用するタブレットは富士通で資産化され、サブスクリプション型で端末、キッティング、配送、保守、回収を一括提供される。今回、全国の店舗で利用予定のタブレット約3000台に対し、利用台数に応じて課金することで、予備機の購入や管理が不要になり、ITコストを最小限に抑えることが可能になるという。また、契約対象機器の運用状況やインシデントの進捗状況は、運用管理用PCやスマートフォンからポータルサイトを通していつでも確認できる。

 バンキングチャネルソリューションズは、富士通が51%、沖電気工業が49%出資する富士通のグループ会社。今回、タブレット導入と勘定系システムとのオンライン接続、関連機器との連携などの仕組みを支えるという。タブレットやセルフ機(入出金などのセルフオペレーションを行う機器)のハード保守、運用サポート、業務アプリケーションサポートを一貫して提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]