編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」
日本株展望

時価総額増!日本株のトップ銘柄--TOPIXと東証マザーズの勝ち組企業は? - (page 4)

ZDNet Japan Staff

2020-10-16 13:42

東証マザーズ銘柄で「本年度の時価総額増加トップ銘柄」は? 

 世界経済や米国政治を巡る不透明感が日経平均やTOPIXの重石となるリスクがある一方、東証マザーズには海外(外部)環境に左右されにくい内需型企業、Eコマース(電子商取引)、法人/個人向けITサービスなどデジタル化加速から恩恵を受けやすい企業が多いことが特徴だ。

 図表4は、東証マザーズ指数を構成する銘柄のうち「2020年度に時価総額が増加した上位15銘柄(増加額の降順)」を一覧したもの。

 2020年度、東証マザーズ指数の時価総額は約6.4兆円増加した。同期間にメルカリ、BASE、フリー、弁護士ドットコム、ラクスの時価総額は2000億円以上増えてきた。

 新しいビジネスモデルやデジタル化で日本社会に高い付加価値を提供。日本経済の構造改革に寄与することで、投資家が収益の成長期待に確信度を高めている銘柄が多く含まれている。

<図表4>東証マザーズでも「デジタルシフト」が鮮明に

注:上記は東証マザーズ指数構成銘柄を母体に「本年度の時価総額増加額(降順)」を示した一覧。ウエイト=東証マザーズ指数の時価総額に対する個別銘柄の時価総額の比率。(出所)Bloombergを基に楽天証券経済研究所作成(2020年10月14日時点)
注:上記は東証マザーズ指数構成銘柄を母体に「本年度の時価総額増加額(降順)」を示した一覧。ウエイト=東証マザーズ指数の時価総額に対する個別銘柄の時価総額の比率。(出所)Bloombergを基に楽天証券経済研究所作成(2020年10月14日時点)

 世界市場は、新型コロナウイルスの感染動向、米国、中国、欧州の政治経済を巡る不確実性が波乱要因となる可能性がある。投資環境の変化次第で株価が短期的に乱高下する場面もありそうだ。

 こうした中、時価総額を増やしている企業群を「市場内で存在感を高めている銘柄群」として注目したいと思う。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]