編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

Facebook、英語を介さず100言語を翻訳できる機械翻訳モデルを発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-10-20 13:00

 Facebookは米国時間10月19日、100言語中の任意の2言語を英語を介することなく翻訳できる多言語機械翻訳(MMT)モデル「M2M-100」を発表し、オープンソースで公開した。


 M2M-100は、翻訳時に中間言語を介する必要がないため、より正確な翻訳が可能になると考えられる。一般的な翻訳モデルでは、英語が中間言語に据えられてきている。このため、例えば中国語をフランス語に翻訳する場合、いったん英語に翻訳する必要がある。

 Facebookは、2言語間での直接翻訳によってより多くの意味を捉えられるとともに、英語を介するシステムに比べた場合、機械翻訳の自動評価指標であるBLEUスコアが10ポイント高くなるとしている。

 M2M-100は、2200に及ぶ言語の組み合わせによって訓練されている。Facebookは社外の研究者らに向けて、M2M-100のモデルと訓練、評価の設定を公開する予定だ。

 Facebookはニュースフィード上で毎日200億件の翻訳を処理しているという。同社によると、従来の機械翻訳では各言語に対応する人工知能(AI)モデルが必要となるが、このようなアプローチはFacebookにはあまり有効ではない。

 MMTモデルを訓練するために同社は、英語を介さずに翻訳された、複数の言語による良質なペアを選び出す必要があった。なお世の中には、こういった言語間の直接翻訳よりも、英語への翻訳の方が数多く存在している。Facebookは最終的に100種類の言語をまたがる75億もの文章のペアからなるMMTデータセットを構築した。同社はそこから高品質でデータ量の多いペアを絞り込むとともに、統計的に見てまれにしか登場しない言語のペアを除外したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]