編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

富士通と理研、データ科学基盤「HOKUSAI-SailingShip」を構築

NO BUDGET

2020-10-21 09:35

 富士通は、理化学研究所(理研)とともにデータ科学基盤「HOKUSAI-SailingShip」を新たに構築した。10月19日より本運用されている。

 「HOKUSAI-SailingShip」は、第2世代のインテル Xeon プロセッサーを搭載した富士通のPCサーバー「FUJITSU Server PRIMERGY CX2550 M5」440台を広帯域イーサネット網で接続している。また、さまざまなプロトコルに互換性をもつ30PBのストレージシステムを採用し、パブリッククラウドとの容易な連携が可能となっている。なお、「CX2550 M5」は、OpenStackベースの仮想化基盤「Mirantis Cloud Platform」を搭載している。

データ科学基盤「HOKUSAI-SailingShip」
データ科学基盤「HOKUSAI-SailingShip」

 今回の構築は、パブリッククラウドを活用した柔軟な計算リソースの配分や管理能力を有する小規模なシミュレーションが実行可能な環境およびデータ処理や保存に柔軟に適用できるシステムの必要性が高まっていることを背景としている。理研では従来のスーパーコンピューターに代表されるコンピューティングオリエンテッドなシステムからスケールアウト型のクラウドタイプのシステムへのパラダイムシフトを目指すこととした。

 Mirantis Cloud Platformは、OpenStackを中核とするプライベートクラウド基盤で、事務用途から研究用途まで、要求に合わせて計算資源を柔軟に供給できる仮想マシン環境を実現する。また、オープンソースを活用することで、システムのブラックボックス化を防止している。

 「HOKUSAI-SailingShip」システムの主な構成は下記の通り。

キャプション

 理研では、「HOKUSAI-SailingShip」は、理研の利用者が必要とするIT環境を提供できるだけではなく、研究データや解析手法などの利活用を進めるオープンサイエンスの推進にも役立つ基盤システムだとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]