レッドハットとサムスン、サービスプロバイダー向けの5G導入支援で提携

NO BUDGET

2020-10-22 07:54

 Red Hatは、「Red Hat OpenShift」上で構築された5G(第5世代移動体通信システム)網ソリューションを提供するため、サムスンと提携することを発表した。

 Red Hat OpenShiftは、企業向けのKubernetesコンテナー基盤で、サムスンは5Gソリューションに同製品を活用している。これにより、同社は競争力のある5Gアプリケーションとユースケースの実現に向けて、サービスプロバイダーへの支援を進めていく。

 サムスンはRed Hatのベンダー検証済みVNF(仮想ネットワーク機能)認証を取得しており、完全なCN(コンテナー化ネットワーク機能)認証の取得も予定している。これはRed Hat OpenShift上のミッションクリティカルなネットワーク機能に対する最高基準となっている。こうした認証済みソリューションによって、サービスプロバイダーは、5Gやエッジコンピューティングの全機能を迅速に実現することができるようになるという。

 今回の提携ではRed Hat OpenShiftの他、「Red Hat OpenStack Platform」「Red Hat Enterprise Linux」「Red Hat Ansible Automation Platform」「Red Hat OpenShift Container Storage」などのハイブリッドクラウドポートフォリオを利用する。これらをサムスンの5G vRAN、vCore、MEC、管理・分析に活用し、エッジコンピューティングなど、5Gベースのユースケースを拡大していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]