編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

進む方向を“地図”にして、従業員を不安にさせない--「TerraSkyDays」講演レポート

大場みのり (編集部)

2020-10-26 07:00

 テラスカイは10月20~21日の2日間、「TerraSkyDays2020 Online」を開催した。本記事では、1日目の基調講演「DXを成し遂げる企業のプラットフォーム戦略」の様子をレポートする。

 テラスカイ 代表取締役社長の佐藤秀哉氏は「自社の事業内容や顧客を一番分かっているのは、その企業自身。当社は2017年頃から、『実際に DX(デジタル変革)をするのはお客さまで、われわれはそれをお手伝いする』という姿勢を貫いてきた。お客さまがDXをする際の“準備”はできると思っている」と語った。

テラスカイ 代表取締役社長の佐藤秀哉氏
テラスカイ 代表取締役社長の佐藤秀哉氏

 この場合の準備とは、「システム/体制面の変革」だという。システム面の変革には、3つのポイントがあると同社は指摘する。まず、SOR(Systems of Record)とSOE(Systems of Engagement)それぞれの特性を認識し、担当者を分ける。次に、オンプレミスの仕組みをクラウドに“上げる”とともに、密結合になっているものを疎結合にする。そして、仕組み同士の連携がスムーズになるよう、モノリス(大きな単一モジュール)をマイクロサービス化する。

(出典:テラスカイ)
(出典:テラスカイ)

 これら3つを重視しながら、テラスカイはSalesforce.comやAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureといったクラウド基盤を提案してきた。そして、新たにGoogle Cloudの取り扱いを始めたという。

 体制面の変革では、3つの観点が重要となる。まず、スピード感を持ってサービスをリリースできるよう、開発体制だけを強化するのではなく、運用体制も考慮して組織づくりをする。次に、開発の背景、運用方法、権限、セキュリティなどについてガイドラインを作成し、それを基にシステムを作る。そして、“フルスタック”人材の採用は難しいため、トレーニングを通してベースのスキルに新しいスキルを身に付けてもらう。最終的には、開発の内製化を目指すという。

(出典:テラスカイ)
(出典:テラスカイ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]