ビジネスチャット「ChatLuck」新版、管理権限をカスタマイズして付与可能に

TechRepublic Japan Staff

2020-10-27 06:45

 ネオジャパンはビジネスチャットの新版「ChatLuck 3.7」の提供を10月23日から開始した。アンケート機能や管理機能が強化された。税別価格はクラウド版が1ユーザーあたり月額300円(最低契約数は5ユーザー)、パッケージ版がユーザーライセンスで年額36万円(最低契約数は100ユーザー、2年目以降は7万2000円)。

 アンケート機能は従来一度に1問ずつしか送信できなかったが、複数の設問を1回でまとめて送信できるようになった。これまでは、チャットで質問すると、回答がバラバラに送られることになり、整理が大変という声がユーザー企業から寄せられていた。

 管理機能では、管理権限をカスタマイズ、付与できる「運用管理者」が追加された。エンドユーザーの情報や部署などの情報をメンテナンスする人事担当者が、「ルーム」や「コンタクト」のメッセージを参照できないようにしたり、コンプライアンス部門の担当者に監査機能だけを利用できたりできる。

 「ルーム」は、プロジェクトや部署などの参加メンバーだけが利用できる場所。「コンタクト」は個別のコミュニケーションを支援するものであり、相手から承認されることで個人間でチャットできる。

 管理面では、利用者が自分の名前をメールアドレスなどを変更できなくするなどプロフィール項目を制限できるようになっている。人事マスターとChatLuckのユーザーマスターを連携している場合などに有効としている。

 オンプレミスの利用時では、ChatLuckのサーバーからiOSやAndroidの端末へのPush通知処理が、プロキシサーバーを経由して送信できるようになっている。インターネット上のhttps通信(iOSであればAPNs、AndroidであればFCM)を活用するが、これまではファイアウォールに専用のポートを空ける作業が必要となっていた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]