編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

エプソン、新ビジネスプロジェクター8機種13製品--オフィスから大規模向けまでをカバー - (page 2)

藤代格 (編集部)

2020-10-29 07:15

 サイネージモデルは、筐体が白の「EV-110」、黒の「115」の色違い2製品。2200lm、解像度はWXGAで、質量は約5kg。床だけでなく天井や配線ダクトにスポットライトのように設置できるという。

 外部センサーと接続できるGPI In端子を採用し、ドアの開閉や人の動きを感知。動きに合わせたメッセージや映像など、演出を加えた投写ができるとしている。税別参考価格は19万9900円。

EV-110、115とGPI In端子接続イメージ(出典:エプソン) EV-110、115とGPI In端子接続イメージ(出典:エプソン)
※クリックすると拡大画像が見られます

 高輝度モデルは、「EB-L30000」シリーズとして黒の「L30000U」、色違いで白の「L30002U」の1機種2製品を展開する。いずれも受注生産。

 縦置きも可能で、筐体サイズは790×299×710mm、質量は64kg。3万lmで解像度が4K(4096×2160)になるという。複数のプロジェクターからの映像を1つに重ね、明るさを増した映像を素早く作成可能。設置時の調整時間が短縮できるとしている。

縦置きもできるL30000U(出典:エプソン) 縦置きもできるL30000U(出典:エプソン)
※クリックすると拡大画像が見られます
サイネージ、高輝度モデルの型番など(出典:エプソン) サイネージ、高輝度モデルの型番など(出典:エプソン)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]