編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

SpaceXの衛星ブロードバンドサービス「Starlink」、ベータテスターを募集中

Eric Mack (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-10-28 11:16

 大いに期待がかかるSpaceXの新たな衛星ブロードバンドサービス「Starlink」に関し、最初のテストに加わるためには、多少の先行投資が必要になりそうだ。

Starlink
提供:SpaceX

 米CNETに届いたメールや他のサイトへの投稿に記された文面によると、同社はStarlinkのウェブサイトから登録した申請者の一部を対象に「Better Than Nothing(無いよりはまし)」と題したベータテストを提供するという。

 メールはこのような一文で始まる。「題からお分かりのように、私たちは期待を下げようとしている(笑顔マーク)」

 メールによると、テストに参加するには、同サービスに接続するためのルーターとフェーズドアレイアンテナの費用として499ドル(約5万2000円)を前払いする必要がある。それ以降は月額99ドル(約1万300円)がかかるという。

 メールではまた、実際の通信状況は変動する可能性があり、データ速度は50〜150Mb/s、遅延は20〜40ミリ秒の幅になると説明している。

 また、「当社がさらに多くの衛星を打ち上げ、地上局を増やし、ネットワーキング用ソフトウェアを改善することで、データ速度、遅延、使用可能時間は劇的に向上するだろう。遅延については、2021年夏までに16〜19ミリ秒を達成できると見込んでいる」としている。

 機器の費用と月額料金はViasatやHughesNetといった従来の衛星プロバイダーと同程度だが、そうした事業者は機器の月極リースも提供して前払い費用を抑えている。

 大きな違いとして、Starlinkの通信速度がこれまでの衛星事業者が提供しているものの最大6倍となり、遅延も大幅に減る可能性がある。その理由は、Starlinkが遠い対地同期軌道ではなく地球低軌道にあるからだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]