編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

NEC、サイバー犯罪捜査演習を支援--50カ国の担当官や専門家が対象

NO BUDGET

2020-11-04 16:14

 NECは、フランス・リヨン市に拠点を置く国際刑事警察機構(インターポール)主催のサイバー犯罪捜査演習「Digital Security Challenge」において、演習シナリオの作成や解析対象となるデータの開発などを支援した。

 この演習は、50カ国のサイバー犯罪捜査担当官や科学捜査の専門家を対象に、10月12~16日の5日間、オンラインで実施された。今回で第4回目となり、アジアだけでなくヨーロッパ、アフリカ、中東、南米などから100人がリモートで参加した。

 NECは、グループ会社であるセキュリティ専門企業のサイバーディフェンス研究所とともに、演習シナリオの作成、マルウェア感染端末など解析対象となる機器のデータ開発、演習用解析環境の提供、演習当日の運営支援などに取り組んだ。さらに、犯罪に使用されたドローンのフォレンジック調査やファイルレスマルウェアの解析など、最新のテーマに関する技術も提供したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]