ヤフーのビッグデータにAPI接続できる新サービス「DS.API」を提供開始

藤本和彦 (編集部)

2020-11-05 15:01

 ヤフーは11月5日、同社が提供する事業者向けデータソリューションにAPI経由でアクセスできる新サービス「DS.API」の提供を開始した。

 第一弾として、同社が保有するビッグデータをブラウザー上で調査・分析するツール「DS.INSIGHT」の機能をAPI経由で利用できる「DS.API - INSIGHT」をリリースした。DS.INSIGHTのデータと自社データを組み合わせた高度なデータの活用が可能になるという。

 Yahoo! JAPANでは、2019年10月にDS.INSIGHTの提供を開始。DS.API - INSIGHTでは、自社のアプリケーションだけでなく、DS.APIが連携するビジネスインテリジェンス(BI)ツール経由でも利用することができる。今回の発表に併せて、BI基盤「Tableau」との連携を開始している。Tableauのユーザーは、アプリケーションを開発することなく、DS.API - INSIGHTの利用が可能になっているという。連携先のBIツールは今後拡大の予定。

 DS.API - INSIGHTの利用料金は、月額の固定基本料が10万円に、API使用量が従量課金される。API使用料は、APIごとに定められたリクエスト単価に応じて算出される。

 DS.INSIGHT単体ではユーザー企業が保有するデータと組み合わせたより深い分析を行うことは困難だったといい、DS.API - INSIGHTを活用することで、例えば、販売実績などの自社データとともにサービスや製品名の検索推移などを定点管理し、プロモーション施策の検討や効果測定などへの活用が可能になるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]