編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
調査

国内PaaS市場は300億円台を突破--IDC調査

ZDNet Japan Staff

2020-11-05 16:46

 IDC Japanは、国内アプリケーションPaaS(Platform as a Service)市場の2019年実績と2020~2024年の予測を発表した。

 IDCによれば、アプリケーションPaaS市場は、パブリッククラウドサービスでJava EEや.NET、Springなど標準フレームワークにより構築されたアプリケーション実行環境を提供する「デプロイメントセントリックアプリケーションプラットフォーム(DCAP)市場」と、開発とランタイムを結合して容易なアプリケーション構築と実行環境を提供する「モデル駆動型アプリケーションプラットフォーム(MDAP)市場」で構成される。

 2019年の市場全体の実績規模は、前年比20.9%増の306億6600万円だった。ウェブアプリケーション実行環境のクラウド化や、コンテナーなどクラウドネイティブな実行環境としてDCAP利用が拡大しているという。企業では業務アプリのローコード/ノーコード開発機能を備えたMDAP需要が拡大しているとする。

 2020年の予想市場規模は13.0%増の346億5800万円で、新型コロナウイルス感染症による景気後退からシステムの開発/導入案件の中止や凍結などが起こり、成長ペースが減速するという。ただ、新型コロナウイルス感染症が収束に向かえば2021年から成長が再加速し、2022年には前年比成長率でピークを迎える。2024年まで年間平均17.7%で成長すると見られている。

 DCAPについては、JavaアプリケーションのオンプレミスからPaaSへの移行の加速とデジタル変革(DX)に向けたクラウドネイティブアプリケーション開発の増加によって非常に高い成長が見込まれるという。MDAPはローコード/ノーコード開発やワークフローの自動化に向けた活用が拡大していくと予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]