編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Appleシリコン「M1」と新型Mac登場--今分かっていること

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-11-11 12:14

 「Appleシリコン」への移行をかねてから表明していたAppleは米国時間11月10日、Appleシリコン「M1」と、M1を搭載した新たな「Mac」製品群を発表した。Macの搭載プロセッサーをMotorola製からIntel製に変更して以来の大きな出来事といえる。

Apple M1 chip
Apple M1

 M1は、5ナノメートルアーキテクチャーに基づく8コアのSoC(System on a Chip)であり、160億個のトランジスターで構成されている。

 これら8つのコアは、192KBの命令キャッシュと128KBのデータキャッシュ、12MBの共有L2キャッシュを特長とする高性能コアが4つと、128KBの命令キャッシュと64KBのデータキャッシュ、4MBの共有L2キャッシュを有する4つの高効率コアだ。

 Appleによると、これは世界最速のCPUコア群であり、その結果M1は1ワット(W)あたりのCPU性能で世界最高を実現し、「最新のノートPC向けプロセッサー」(具体的な製品名称は挙げられていない)の2倍の性能を、4分の1の電力消費量、10ワットで実現しているという。

 また、M1は最大8個のGPUコアを搭載し、128の演算ユニットと、最大2万4576の並列スレッド、2.6テラフロップスの性能を特長としており、82ギガテクセル/秒と41ギガピクセル/秒での出力が可能となっている。

 またGPUは、「最新のノートPC向けプロセッサー」(具体的な製品名称は挙げられていない)の2倍の性能を、3分の1の電力消費量、10ワットで実現している。

 さらに、16コアの「Apple Neural Engine」により1秒あたり11兆回の演算処理が可能であるため、機械学習(ML)を活用するソフトウェアの性能が大幅に向上する。

 この新チップは同社のベストセラーである3種類のMac「MacBook Air」「Mac mini」「MacBook Pro(13インチ)」に搭載される。同社は、M1によってこれらMacの性能がどのように向上するのかを示すデータを公開している。

 M1搭載MacBook Air:前世代と比較してCPU処理速度で最大3.5倍、GPU処理速度で最大5倍、機械学習速度で最大9倍を達成。バッテリー駆動時間は、ワイヤレスネットインターネットで最大15時間、ビデオ再生時で最大18時間。搭載可能最大メモリーは16GB、SSDは最大2TBまで。価格は10万4800円(税別)から。

 M1搭載Mac mini:前世代と比較してCPU処理速度で最大3倍、GPU処理速度で最大6倍、機械学習速度で最大15倍を達成。消費電力を最大60%低く抑えられるという。縦横19.7cmのデザインは変わらない。価格は7万2800円(税別)から。USB 4対応のThunderboltポートを搭載し、フル6K解像度のApple Pro Display XDRを含む最大2台のディスプレイをサポート。

 M1搭載MacBook Pro 13インチ:前世代と比較してCPU処理速度で最大2.8倍、GPU処理速度で最大5倍、機械学習速度で最大11倍を達成。バッテリー駆動時間は、動画再生で約20時間。価格は13万4800円(税別)から。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]