編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ソフトバンク、Slack約5万アカウントを導入--日本最大規模

ZDNet Japan Staff

2020-11-12 11:58

 Slack Japanは、ソフトバンクが約5万アカウントを導入すると発表した。企業導入では日本最大規模といい、10月から全社導入を進めているという。

 ソフトバンクは、数年前から一部の部署でSlackを利用していたという。2020年6月から在宅勤務やサテライトオフィスの活用、外出先への直行・直帰などで働き方の多様化を進める。直観的な操作性やアプリ連携などの利便性、ソフトバンクの情報セキュリティポリシーに準拠した運用を行える点から、社内コミニュ二ケーション手段としてSlackの全社導入を決定したとしている。

 今後は、業務内容に応じて適切なアクセス制御を行いながら、メッセージ発信や新規ビジネスに関するアイデア募集などで利用を検討していく。2019年から取り組む新規事業領域へ人材を再配置する「デジタルワーカー4000プロジェクト」でもSlackを活用する。

 導入についてソフトバンク 常務執行役員 CIO(最高情報責任者)の牧園啓市氏は、「Slackを活用して、スピーディーな業務遂行と生産性の向上とを図るとともに、コミュニケーションを軸にしたグループシナジー創出を推進し、さらなる成長を目指す」とコメントした。

 なおSlackは、「Slackは契約期間にわたって定額法で収益を認識しており、ソフトバンクによるSlackの導入はSlackの2021年度第3四半期の業績に影響を与えるものではない」と、業績面への影響を説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]