AWSとNEC、日本初のコーポレートレベルによる戦略的協業

ZDNET Japan Staff

2020-11-13 11:15

 NECは11月13日、Amazon Web Services(AWS)と日本初のコーポレートレベルの戦略的協業契約を締結したと発表した。NECは、企業などへのAWS導入に向けたオファリングメニューを開発・提供するほか、AWS認定資格保有者を3年間で倍増させるとしている。

 この協業でNECは、同社がAWSを用いる第二期政府共通プラットフォームの運用管理業務の事業者にも採択されたとして、官公庁や金融、医療など業種特有の規制に対応するAWSのマネージドサービスを提供する。

 また、NECはアビームコンサルティングと連携して7月からAWSをベースにした国内最大級というSAPシステムの導入プロジェクトを開始しており、同プロジェクトなどで得たノウハウをもとに、法人顧客の大規模ミッションクリティカルシステムをAWSで導入していくためのオファリングメニューを共同で開発、展開していくという。

 NECは、現在グループ内にいる1500人のAWS認定資格保有者を今後3年間で2倍の3000人に増やし、デリバリー体制を大幅強化と大規模なクラウドシステム構築案件に継続的対応ができる体制にする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]