編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

日立、新卒採用の面接をオンライン化--入社前の不安を解消して関係性を構築

藤代格 (編集部)

2020-11-17 06:45

 日立製作所は、2020年度の新卒採用にデジタル面接プラットフォーム「HireVue(ハイアービュー)」を活用。公平性の担保や学生とのコミュニケーション増につながっているという。11月16日、提供したタレンタ(渋谷区)が発表した。

 初期段階の面接、インターンシップ参加者の選考などをオンデマンドで実施。全対象者に質問できるため、評価指標を統一できるという。学生と面接官の相性で評価が変わることがなく、公平に選考できると説明。

 日程や会議室調整の手間、面接時間を短縮でき、学生とのコミュニケーション時間を増やせるとしている。

 内定後は、若手社員のインタビューといった採用担当から内定者への情報発信も可能。情報を提供しつつコミュニケーションも取れ、入社前の不安を払拭しながら関係性を構築できるという。

 新型コロナウイルス感染症流行前から計画していたため、選考プロセス再検討にも早急に対応できたとしている。

 HireVueは、録画、ライブ動画などを活用できる、面接に特化したウェブ会議サービス。ユタ州ソルトレイクシティに本社を設置するHireVueが開発する。

 プログラミングコードテストなどの選択、記入式の質問や面接のスケジューリングなどをオプションで追加可能。

 言葉や音声、態度を人工知能(AI)で分析する活躍予測、認知処理速度や作業記憶、数値推論、空間認識などの認知能力(コグニティブアビリティ)測定などもできるとしている。

AIを活用した選考支援機能イメージ(出典:タレンタ)
AIを活用した選考支援機能イメージ(出典:タレンタ)

 料金は、ビデオ面接のみ、年間採用人数30人までの「Basic版」が税別年額利用料200万円から、別途初期費用として60万円。AIでの分析などを年間500件まで判定できる「AI版」が250万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]