編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Boomiが日本の成長戦略を発表--日本事業の統括には元日本MS幹部の堀和紀氏

藤本京子

2020-11-19 08:30

 Boomiは11月18日、日本での成長戦略について説明会を開催した。同日、同社は日本のカントリーゼネラルマネージャーに堀和紀氏が就任したことも発表している。

Boomi 日本カントリーゼネラルマネージャーの堀和紀氏(左)とAPJ担当バイスプレジデントのAjit Melarkode氏
Boomi 日本カントリーゼネラルマネージャーの堀和紀氏(左)とAPJ担当バイスプレジデントのAjit Melarkode氏

 2000年に創業したBoomiは、システム連携を実現するiPaaS(Integration Platform as a Service)分野に特化した製品を提供している。2010年にはDell Technologiesの傘下に入り、2017年に日本進出を果たした。

 カントリーゼネラルマネージャーに就任した堀氏は、Boomi入社前に25年間にわたって日本マイクロソフトでサービス部門やエンタープライズ部門の要職を務めた人物だ。また、NECにも5年以上在籍し、システムズエンジニアとしてメインフレームやオープンシステムの開発に従事した経験も持つ。

 堀氏はBoomiの企業ミッションについて、「Integrated Experience(統合された体験)の実現に向け、組織で求められているものを瞬時につないでデータを提供し、顧客にメリットをもたらすことだ」と語る。このミッションを達成するため、同社では「User Engagement(ユーザーとの結びつき)」「Pervasive Connectivity(広範囲な接続性)」「Data Readiness(データ準備)」という3つのカテゴリーで6つの機能を提供していると堀氏は説明する。

 同社の製品は、既に全世界で1万2000社が採用し、97%が継続利用しているという。国内でも、東京電力と中部電力から分離独立して設立したJERAが、事業統合後のデジタルトランスフォーメーション(DX)強化に向けBoomiを採用。東京電力と中部電力から引き継いだ複雑なレガシーシステムやインフラの統合と、基幹業務システムのクラウドへの移行およびSAPのデータ連携を実現した。

Boomiのユーザー企業は1万2000社に上る
Boomiのユーザー企業は1万2000社に上る

 この事例について堀氏は、「Boomiを採用したことで、2カ月で数十の重要なインターフェースの移行が完了した。他のiPaaSツールと比べ、開発時間が3分の1になったという意見もあったほか、簡単なインターフェースのため、SAPに習熟していない人でもインターフェースの開発に携わることができるようになった」と述べている。

 もちろん、DellとEMCの大型統合の際にもBoomiが力を発揮した。50以上のシステムを2年で統合し、統合コストを75%削減したほか、システム統合基盤を標準化して集中管理を実現。営業データの統合や可視化によって売上増加につながったとしている。

 Boomi APJ担当バイスプレジデントのAjit Melarkode氏は、日本市場が他の地域と異なる点について、「日本では多くの企業がDXに取り組んでいる途中だが、レガシーシステムを抱えており、それが重要な位置付けを占めている。また、パートナーエコシステムが重要な点も他の地域とは違う」と語る。グローバル化が進み、多くの海外企業が日本に進出する中で、「日本企業はグローバル化に伴いDXを推進するようになった。ただし、日本でDXを成功させるには、新システムと旧システム、クラウドとレガシーシステム、国内のシステムと海外のシステムなど、さまざまなシステムを統合しなければならない」としている。

Boomiの製品群
Boomiの製品群

 こうした状況下において、堀氏は日本での成長戦略を、販売パートナー戦略、マーケティング戦略、製品・サービス戦略、人員戦略の4つに分けて説明する。

 まず販売パートナー戦略では、Dell Technologiesとのシナジーを最大化し、DellのパートナーにもBoomiを取り扱ってもらうよう働きかけていくほか、Boomi自らも販売パートナーおよびデリバリーパートナーを拡充してパートナーエコシステムを強化する。また、既にDellのハードウェアとのバンドルパッケージを展開しているが、今後もこうしたパッケージでの製品展開を推進するほか、ソリューションやコンサルティングとのバンドルも近日中にリリースする予定だという。さらには、Dell製品のみならず、他社のソリューションにBoomiを組み込むOEM化も進めるとしている。

 マーケティングでもDell Technologiesと連携し、日本市場におけるBoomiの知名度向上を目指すほか、事例や資料などのローカライゼーションを進め、日本語での情報を拡充する。また、日本のパートナーとの共催イベントの実施や、グローバルにおけるテクノロジーアライアンスの国内での立ち上げにも取り組むとしている。

シンプルで直感的なBoomiのインターフェース
シンプルで直感的なBoomiのインターフェース

 製品サービス戦略としては、製品やオンライントレーニング、マニュアルなどの日本語化を加速させるほか、標準コンサルティングメニューを日本語化して発表する。また、カスタマーサクセスチームを立ち上げ、既存顧客の価値を最大化するとしている。

 人員戦略としては、パートナー対応要員や、日本語サポート体制を強化するという。これらの戦略について堀氏は、「2月からの新年度に向けて準備を整え、アクションを起こしていきたい」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]