編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

日本オラクルの社長に三澤智光氏が就任--日本IBMから古巣に復帰

藤本和彦 (編集部)

2020-11-19 15:57

 日本オラクルは11月19日、日本IBMで事業開発 & テクニカル・エキスパート本部担当を務めていた三澤智光氏が12月1日付で執行役社長に就任すると発表した。併せて、現在、執行役 最高経営責任者(CEO)を務めるKenneth Johansen氏が11月30日付で退任することも明らかにした。

日本オラクル 執行役社長に就任する三澤智光氏
日本オラクル 執行役社長に就任する三澤智光氏

 三澤氏は、もともと1995年5月に日本オラクルに入社し、2015年12月から執行役 副社長 クラウド・テクノロジー事業統括を務めていたが2016年3月に退任。同年7月には日本IBMに入社し、取締役 専務執行役員 IBM クラウド事業本部長、後に事業開発&テクニカル・エキスパート本部担当を歴任した。2020年10月に米Oracleのシニア・バイス・プレジデントという形で古巣に復帰している。

 Johansen氏は、TDCやEricsson、CA Technologies、NetIQ、BEA Systemsを経て2009年からOracleのデンマーク法人やドイツ法人の要職を歴任し、2019年9月に日本オラクルの執行役CEOに就任した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]