編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

2020年に最もよく使われたパスワードは?

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2020-11-21 08:30

 今年もまた、この12カ月間で、パスワードのセキュリティが改善されたかどうかを確認すべき時期がやってきた。

 2015年を振り返ると、もっともよく使われている最悪のパスワードの中に「123456」や「password」といったものが含まれていた。しかし5年経った今でも、こうした例はなくなる気配がない。

 NordPassとそのパートナーは、2020年の情報漏えいインシデントで流出した2億7569万9516件のパスワードを分析した。同社は、出現頻度が高いパスワードは極めて容易に推測できるものが多く、こうしたパスワードを使用しているアカウントは数秒で破られてしまう可能性があると述べている。「ほかに同じものがないパスワード」だと考えられるものは、全体の44%にすぎなかった。

 パスワードマネージャーを提供している企業であるNordPassは米国時間11月18日、パスワードセキュリティの現状がうかがえるレポートを発表した。頻度が高かったパスワードの上位に来たのは、「123456」「123456789」「picture1」「password」「12345678」だった。

 これらのパスワードは、総当たり攻撃で破るのに約3時間かかる「picture1」を除けば、どれも辞書攻撃を行うスクリプトなどを使って数秒で破れるものばかりで、人間でも推測できるレベルのものだった。

 200件強のリストの中には「whatever(どうでもいい)」というパスワードもあった。いまだに強力でクラックしにくいパスワードを使うつもりがない人が多いことを考えれば、これはパスワードセキュリティの現状をうまく表したフレーズだといえるかもしれない。リストには他にも、「football」「iloveyou」「letmein(Let me in、自分を中に入れてくれの意)」「pokemon」などのパスワードが含まれていた。

 NordPassのデータセットによれば、2020年のもっとも頻度が高かったパスワードのトップ10は以下の通りだ。

 パスワードを選ぶ際は、キーボード上で隣り合っている文字や数字を並べるなどの単純なパターンや繰り返しは避けるべきだろう。大文字や記号、数字などを意外な場所に入れることも効果的だ。また、どんな場合でも誕生日や名前などの個人情報をパスワードに使うべきではない。

 ベンダー側でも単純な組み合わせはユーザーのプライバシーやセキュリティの守る上で役に立たないことを意識すべきだが、ユーザー側でも、自分のアカウントを責任を持って守る必要がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]