編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

英、新たなサイバー部隊「NCF」の立ち上げを明らかに

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: Crowd Power Partners

2020-11-20 15:18

 英国で、諜報機関のスタッフやサイバー分野のエキスパート、軍のメンバーで構成される新しいオフェンシブなサイバー部隊が、敵対的な国家の活動やテロリスト、犯罪者の活動を壊滅させるためのサイバーオペレーションを実施している。英政府が明らかにした。

 新たな組織「ナショナルサイバーフォース(National Cyber Force:NCF)」は、テロ計画への対応や軍事活動の支援など、英国の国家安全保障に対する脅威に対処することを目的としている。

 Boris Johnson英首相は現地時間11月19日、NCFが既に活動していると議会で話した。「われわれはNational Cyber Forceを立ち上げており、情報機関や人員を結集し、これまでにテロ、組織的な犯罪、敵対する国家の活動に対するサイバー空間での活動を行っている」と発言した。

 NCFには、諜報機関である英政府通信本部(GCHQ)、国防省、国防科学技術研究所(DSTL)のほか、秘密情報部(MI6)の専門家が参画し、「エージェントを採用、活用する上での専門性とともに、機密の運用テクノロジーをもたらす独自の機能」が提供される。

 GCHQは、サイバーオペレーションの内容として、テロリストが連絡先と通信できないようにするためにスマートフォンを妨害する、インターネットが深刻な犯罪のプラットフォームとして使用されることを防ぐ、英国の軍用機が敵対的な兵器システムの標的とされないよう保護するといったことを挙げている。

 NCFはGCHQ傘下でサイバーセキュリティを担当する国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)とは別の組織だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]