編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

冗長なタスクを自動化--ネットワーク管理者が学ぶべきプログラミング言語

Jesus Vigo

2020-11-21 08:00

 このシリーズの最初の記事「システム管理者が学ぶべきプログラミング言語5選--タスクの自動化で業務効率が向上」で、私はプログラミングがあまり好きではないと書いた。まとめると、その理由はプログラミングの価値を理解できないからではなく、十分に理解しているからだ。

 独自のアプリを作成してクライアントデバイスを管理し、思いどおりに動かすというのは、私にしてみれば驚嘆に値する。私にはプログラミングの才能がなく、必要なソリューションの開発にかなり時間がかかることもある。それに対するいら立ちも、プログラミングをちゅうちょする理由の1つだ。

 しかし、スクリプトの完成度を高めて、テストし、本番環境に実装して、仕事の負担になり得る冗長なタスクを処理するのは、非常に素晴らしいことだ。私は複数の役割をこなしながら、リモートで働き、さまざまな部門、ユーザー、利害関係者を新しい多様な方法でサポートするようになったため、個人的に今まで以上に自動化に傾倒している。

 この精神をもって、ネットワーク管理者とエンジニアに焦点を当てた本記事を執筆した。以下で紹介するプログラミング言語は、ネットワーク管理者が直面するタスクやプロジェクトで役立つはずだ。

 しかし、別の職務へ移ることを検討している人も、これらの言語をうまく活かすことができるだろう。それによって、今は想像もしていないようなチャンスが将来訪れるかもしれない。

「Perl」

 Perlプログラミング言語は30年以上前から存在しており、現在も開発が続けられている。システム、ネットワーク、ウェブサーバーを手間なく簡潔に管理するための機能が充実した言語だ。

 実際のところ、多くのサービスがインターネットに移行する中で「Common Gateway Interface」(CGI)スクリプトの人気が高まっていった要因には、ウェブサーバーでプログラムを実行して動的にウェブサイトを生成するPerlの機能がある。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]