編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

トレンドマイクロ、新組織「サイバーセキュリティCoE」を設立

ZDNet Japan Staff

2020-11-24 13:41

 トレンドマイクロは、新組織「Cybersecurity Center of Excellence(CoE)」を2021年1月に新設すると発表した。取締役副社長の大三川彰彦氏の直属組織として約50人で組成され、同社製品の安全性評価(トランスペアレンシー・センター)、脅威情報活用(スレット・インテリジェンス・センター)、人材育成(セキュリティ・ナレッジ&エデュケーション・センター)の3テーマを手掛けるという。

 トランスペアレンシー・センターでは、製品や・サービスの部材調達、製造、販売、利用時などサプライチェーン全体におけるさまざまな安全性を評価する。例えば、オープンソースソフトウェア(OSS)への不正プログラムの混入や脆弱性の検査不正コード侵入など改変の際などのトレーサビリティーを確保する。

 スレット・インテリジェンス・センターでは、国内を標的にした高度なサイバー攻撃や 特定企業から窃取された情報、特定企業へサイバー攻撃を行うための情報などを世界的に局所的に分析し、法人企業や政府機関、セキュリティ団体に提供する。

 セキュリティ・ナレッジ&エデュケーション・センターは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目的に、一般社員やセキュリティ担当者、CISO(最高情報セキュリティ責任者)、戦略マネジメント層、経営層、サイバー犯罪捜査員などに教育を行う。同社は国際刑事警察機構と連携し、これまで100以上の国・地域の約500人に訓練を実施したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]