編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

防御タスクも自動化--セキュリティ管理者なら学んだ方がいいプログラミング言語

ZDNet Japan Staff

2020-11-28 08:00

 サイバーセキュリティは現在、ITにおいて最も急速に成長している分野だ。全世界のインフラストラクチャーを保護して通信の安全を守る重大な必要性があるほか、データの機密性と完全性を維持しつつ可用性を確保しなければならず、すべてのシステムのあらゆる側面が、攻撃者を阻止する最大限のセキュリティ保護に依存している。

 コンピューターセキュリティの世界には、「ハッカーは一度だけ成功すれば目的を果たせるが、われわれは一度の失敗も許されない」という格言がある。サイバーセキュリティ担当者が直面する終わりのない厳しい戦いを考えると気が滅入るが、この格言は100%正しい。これは、セキュリティ管理者が自らの職務と不可分の要素として認識し、理解するようになったことでもある。

 コンピューターセキュリティのキャリアを積み重ねるにつれて、重要なインフラストラクチャー、アプリケーション、ソフトウェアを保護する必要性が急激に増大していく。以下で紹介するプログラミング言語は、防御タスクの自動化、バグや悪意あるコードの特定に効果的な侵入テストの実行、セキュリティホールを修復するコードの記述などに利用できるため、セキュリティ管理者はより賢く作業して負担を軽減することができるだろう。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]