編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マイクロソフト生まれ「りんな」のAI技術が銀幕に--rinna

阿久津良和

2020-12-01 18:05

 rinnaは11月30日、AI(人工知能)キャラクターの音声表現を高める新技術「多話者多言語音声合成」を発表した。同社はMicrosoft AI and Research Groupや、マイクロソフトディベロップメントでAIチャットボットの研究・開発に従事していたメンバーが、2020年6月に分社化する形で設立された企業だ。

 同社は、AIが文脈に応じて会話文を自動生成し、人間と自然な会話を実現する「共感チャットモデル」や、AIが文脈に応じた感情を音声表現する「音声合成システム」を通じて企業のマーケティング活動などを支援してきた。

rinna Chief Rinna Officerの坪井一菜氏
rinna Chief Rinna Officerの坪井一菜氏

 同社の多話者多言語音声合成は、12月18日から東映が配給する「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」に登場するAIキャラクターの音声に採用された。これについて、Chief Rinna Officerを務める坪井一菜氏は、「われわれのビジョンであるAIが(人同士の)コミュニケーションの中で活躍し、社会的なポジションを獲得する第一歩。『りんな』だけではなく、理想とするキャラクター性を持ったAIの未来を実現するために、AI技術の研究・開発を続ける」と述べた。

多話者多言語音声合成システムの概要
多話者多言語音声合成システムの概要

 従来の音声合成システムは、話者や言語ごとに異なるテキストと、音声データをAIに学習させることで、音声合成モデルを実現している。だが、「1人の話者から音声合成モデルを作成するには、3時間程度の音声データが必要」(rinna Research Managerの沢田慶氏)という課題を抱えてきた。

 今回rinnaが発表した多話者多言語音声合成システムは、異なる話者の音声データや異なる言語から1つの音声合成モデルの学習環境を用意することで、少量の音声データからキャラクター性を持った音声や、キャラクター性を保持したまま多言語の音声を合成することを可能にしている。

 実現の理由として沢田氏は、「深層学習技術の発展で大量データの学習が可能になった」と説明。AI学習基盤の発展が学習時間の短縮にもつながり、他者の音声データを利用することで、対象となる話者の音声データが少ない場合でも音声合成モデルの再現が可能になった。「具体的な時間は計測していないが、今後は数十分レベルに」(沢田氏)と短縮可能であることを説明する。

rinna Research Managerの沢田慶氏
rinna Research Managerの沢田慶氏

 rinnaの多話者多言語音声合成システムを採用した東映 映画宣伝部の三橋剛氏は、「(映画は)主要モチーフにAIロボットが登場する関係から、『りんな』の存在に気付いてコラボレーションを申し入れた。(映画内では)緊急ニュースを読み上げる場面を担当するが、台詞変更時は時間を要するものの容易に修正できる」と評した。りんなの音声合成は女性らしさを意識してか、なめらかな発声を行うが、同映画では場面を考慮して、「発話速度を調整して、緊迫感を与えている」(沢田氏)という。

東映 映画宣伝部の三橋剛氏
東映 映画宣伝部の三橋剛氏

 rinnaと東映のコラボレーションに合わせて、キャラクター診断コンテンツ「ゼロワン診断」がりんなのテキストチャットで提供される。通常は質問と回答の流れを作るツリー構造を作成しなければならなかったリコメンド機能を、推奨する商品と属性を用意するとAIが学習し、最適な商品をお薦めするチャットコーマスプラットフォーム「Q20」を採用した。「(映画に関わる)14種類のキャラクターデータを学習し、呼びかける度に質問の順番が変化する」(坪井氏)

 rinnaの直接部門となるビジネス部門は、キャラクターソリューションとマーケティングソリューションを主軸にB2B事業を展開。今後はB to C事業も検討している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]