編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

5G契約数は予想を超えるペースで増加、中国けん引--エリクソン

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)

2020-12-01 11:31

 世界が大規模なパンデミックと闘っていても、それで5Gの展開が遅れることはなさそうだ。通信機器大手Ericssonの新しいレポートによると、5G技術は2020年に予想を上回る数の顧客を獲得しており、2026年までに世界人口の約60%をカバーする。5Gは史上最も急速に普及するモバイルネットワークになると予想されているという。

5G
提供:Angela Lang/CNET

 レポートによると、世界の5G契約数は2020年末までに2億2000万件に達し、6月に予想した1億9000万件を上回る。Ericssonは6月にも予想を引き上げている。

 Ericssonの戦略的マーケティングインサイト担当責任者Patrick Cerwall氏は、半期に1度作成される「モビリティレポート」の公開に先立つインタビューで、「5Gカバレッジは拡大し、2020年末までに世界で10億人が5Gのカバレッジエリアに住むようになるだろう」とし、「これは世界人口の約15%に相当する」と述べている。

 また、5G契約数は2026年までに35億件に達する見通しだという。Ericssonは6月時点で、2025年までに5G契約数が28億件に達すると予想していた。

 Ericssonによると、世界で100社を超える通信事業者が商用5Gサービスの開始を発表している。これまで5Gの成長をけん引してきたのは主に中国だとCerwall氏は述べた。

 中国で5G対応スマートフォンは200ドル(約2万1000円)で購入できるが、それ以外の国ではベースとなる価格が約300ドル(約3万1000円)だと同氏は指摘する。

 Cerwall氏によると、2020年の5G契約数約2億件のうち、1億7500万件を中国が占める見通しだ。2020年末までに、中国のモバイル契約数の約11%が5Gになるという。米国とカナダを含む北米では、2020年の5G契約数は1400万件(全契約数の約4%)になると予想されている。

 2026年までに、北米のモバイル契約数の80%が5Gとなり、中国、日本、韓国を含む北東アジアではこの数字は66%になるとEricssonは予想している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]