編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ServiceNow、カナダのAI企業Element AIを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-01 14:06

 ServiceNowは米国時間11月30日、人工知能(AI)を手掛けるカナダの新興企業Element AIを買収すると発表した。「Now Platform」のAI機能を強化したい考えだ。買収条件は明らかにされていない。

ServiceNow+Element AI

 モントリオールに拠点を置くElement AIは、Yoshua Bengio氏など機械学習のパイオニアによって設立されたAIプロバイダーで、Microsoft、NVIDIA、Intel、騰訊(テンセント)などから資金提供を受けている。ServiceNowは、Element AIを買収し、カナダに新たなグローバルなAIイノベーションハブを設けるとしている。また、その技術や専門知識を発展させる上で役立つ、主要なAI人材を獲得することに期待しているようだ。

 Now Platformは、企業がレガシーシステムを統合し、ワークフローとプロセスを改善できるよう支援することを目的としている。買収は主としてNow PlatformにおけるAIイノベーションを加速させることに焦点を当てている。ServiceNowは、Element AIのAI技術を使用してインテリジェントなワークフローを提供し、すべての従業員が「よりスマートに、素早く業務を行い、ビジネス上の意思決定を合理化できるようにするとともに、生産性を新たな次元に引き上げる」としている。

 ServiceNowの最高AI責任者Vijay Narayanan氏は、「当社は、Element AIの強力な機能と世界クラスの人材により、従業員と顧客が、創造的思考、顧客とのやりとり、予測不可能な作業といった、人間ならではの強みを発揮できる分野に集中できるようにする。それがワークフローに対するよりスマートなアプローチだ」と述べている。

 Element AIはコンサルティング企業のような役割を果たしており、AIに関する経験が限られた企業が、社内に専用チームを設けることなく、AI機能を迅速に導入できるよう支援している。

 ServiceNowは現在、元SAPの最高経営責任者(CEO)Bill McDermott氏が率いている。同社はElement AIの買収について、これまでで最も重要な買収の1つだとしている。また、Now PlatformにAIを導入するために行った一連の投資の中で、最新のものとなる。Element AIは、Loom Systems、Passage AI、Sweagleに続き、ServiceNowが2020年にAI関連で買収する4社目の企業となる。

 ServiceNowによると、買収は2021年初頭に完了する見通しで、Yoshua Bengio氏は同社の技術アドバイザーに就くという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]