編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

SVGクリップボードをサポート--「Microsoft 365」更新動向【2011版】

阿久津良和

2020-12-02 06:45

 Microsoftが米国時間11月23日に更新した、Microsoft 365 Apps各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2011(ビルド 13426.20274)へ更新したWindowsデスクトップ版は、Windows 10のテーマ設定に応じてOfficeテーマを自動変更する機能をすべてのMicrosoft 365 Appsで備えた。

 Windows 10は「設定」の「個人用設定/色」からOS自身やアプリケーションの基調色として「白」「黒」のいずれかを選択できるが、ここで選択したアプリケーションの基調色が各Microsoft 365 Appsに反映される仕組みだ。具体的には、Access、Excel、OneNote、Outlook、PowerPoint、Project、Publisher、Visio、Wordが対象となる。

 Excel、Outlook、PowerPoint、Wordに共通する変更点として、SVGクリップボードのサポートがある。Microsoft 365 Appsのドキュメントに挿入したSVG形式の画像はバージョン1712以降、図形変換機能を備えることで気軽に扱えるようになった。

 だが、SVG画像を他のアプリケーションにコピー&ペーストする際はピクセルデータになってしまう。この変換処理を行わず、Microsoft 365 Appsドキュメント上のSVG画像を、他のSVG対応アプリケーションで流用可能にしたのが同機能の特長である。Microsoft 365 AppsのSVGサポートに注力してきたMicrosoftだが、同機能の実装でMicrosoft 365 AppsがSVG編集環境として整ったと言える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]