編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

セールスフォース、Slackを約2兆8900億円で買収へ

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-12-02 11:09

 Salesforceは米国時間12月1日、メッセージングプラットフォームのSlackを277億ドル(約2兆8900億円)で買収すると発表した。Slackは「あらゆる『Salesforce Cloud』に深く統合される」という。買収手続きが完了すると、SlackはSalesforceの事業部門になるが、最高経営責任者(CEO)のStewart Butterfield氏は引き続きSlackを率いる。

Slackのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 SalesforceのCEO、Marc Benioff氏は、「SalesforceとSlackはエンタープライズソフトウェアの未来を形作るとともに、全てがデジタルになりどこからでも仕事ができる世界で、人々の働き方を変革していく」と述べた。

 両社は、「SalesforceとSlackは企業に対し、事業のための信頼できる情報源と、従業員、顧客、パートナーが相互につながるプラットフォーム、さらに日常的に利用するアプリを、各社の既存のワークフローの中で提供する」としている。

 買収手続きは、Slackの株主の承認、規制当局の承認などの完了条件を満たした後、Salesforceの2022年会計年度第2四半期(2021年5~7月)に完了する見込みだ。

 買収の可能性が先週に報道された後、Slackの株価は30%近く上昇していた

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]