編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」
AWS re:Invent

AWS、産業分野向けの機械学習サービス発表--機器の異常検知など効率化

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-02 14:29

 Amazon Web Services(AWS)が、産業分野や製造業向けに機械学習を利用する5つのサービスを発表した。製造プロセスにインテリジェンスを組み込み、運用の効率や質の制御、セキュリティ、職場の安全性を改善できるようにするサービスとなる。

 「Amazon Monitron」は機械学習を利用して産業用機器の異常な動きを検知するエンドツーエンドのシステムだ。既存のセンサーネットワークを持たない顧客に適した状態監視サービスとなっている。センサー、ゲートウェイ、機械学習サービスなどで構成されており、産業用機器の潜在的な障害を検出し、予知保全の実装を可能にする。

 既存のセンサーネットワークを持つ顧客向けの「Amazon Lookout for Equipment」は、そのセンサーデータをAWSに送信する手段を提供し、異常な機器の動きを検知するためのモデルの構築や予測を行えるようにする。

 このサービスは、産業用機器の過去の時系列データやメンテナンスイベントをまとめて、可能な組み合わせを自動的にテストし、最適な機械学習モデルを構築して、機器の正常な動作を学習する。そこから、顧客はML推論を実行して機器の異常な動作を検出し、その結果を既存の監視ソフトウェアに統合して、視覚化したり、アラートを送信したりすることができる。

 「AWS Panorama Appliance」は、企業が既存のオンプレミスカメラにコンピュータービジョンを追加できるようにする新しいハードウェアアプライアンスだ。AWSの機械学習をエッジに拡張し、顧客がローカルで予測できるよう支援する。ネットワークに接続されると、AWS Panorama Applianceはカメラストリームを自動的に認識し、既存の産業用カメラと相互に作用する。

 「AWS Panorama SDK」は、ハードウェアベンダーがエッジでコンピュータービジョンモデルを実行可能なカメラを構築できるようにする。

 また「Amazon Lookout for Vision」は、機械学習を使用して1時間に何千枚もの画像を処理し、欠陥や異常を発見することができる新しい検出ソリューションだ。

 AWSのAmazon Machine Learning担当バイスプレジデントSwami Sivasubramanian氏は、「産業分野や製造業の顧客は常に、コストの削減、質の改善、コンプライアンスの維持を行うよう株主や顧客、政府、競合他社に迫られている」とし、「産業用途の新たな5つの機械学習サービスを提供することを喜ばしく思う。インストール、デプロイ、起動、実行を素早く行うことが容易であるとともに、クラウドとエッジをつなぎ、産業分野の顧客に未来のスマートファクトリーを提供するものとなる」と述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]