編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
AWS re:Invent

AWS、機械学習モデル訓練用のカスタムチップ「Trainium」発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-02 11:31

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間12月1日、機械学習(ML)モデル訓練用の独自MLチップ「AWS Trainium」を発表した。最高経営責任者(CEO)Andy Jassy氏は、このチップによって「最もコスト効率の高い訓練がクラウド上で」可能になると述べた。

AWS Trainium

 このカスタムMLプロセッサーは、同社のシリコン戦略を支える共通の計画に従ったものとなっているようだ。

 同社の主な戦略を簡潔にまとめると以下のようになるだろう。

  • IntelやAMDに加え、NVIDIAのプロセッサーを搭載したインスタンスを提供する。
  • その一方で、同社の「AWS Nitro System」ハイパーバイザーを活用できる独自シリコンチップを開発し、コストをさらに引き下げる。
  • 顧客が「AWS Graviton」プロセッサーや「AWS Inferentia」プロセッサーをベースにしたインスタンスをいったん採用すれば、他のカスタムチップでもより快適に感じるようになる。
  • 今後、さらに多くのカスタムプロセッサーをロールアウトしていく。

 詰まるところAWSは、モデルの訓練や、人工知能(AI)戦略の構築に着手したばかりの企業をターゲットにしている。

 TrainiumはInferentiaと同様に、「AWS Neuron SDK」を使用する。Neuron SDKは「TensorFlow」「PyTorch」「MXNet」などのMLフレームワークと統合されており、開発者は最小限のコード変更でGPUベースのインスタンスからAWS Trainiumに容易に移行することができる。AWS Trainiumは、「EC2」インスタンス、「AWS Deep Learning AMI」のほか、「Amazon SageMaker」「Amazon ECS」「Amazon EKS」「AWS Batch」といったマネージドサービスなどから利用可能になる予定だ。

 Trainiumは2021年に提供される予定となっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]