編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
海外コメンタリー

2021年のデジタル変革を形作る8のトレンド

Vala Afshar (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2020-12-11 06:30

 デジタルへの依存がますます高まってきている世界において、IT部門の役割はかつてないほど重要になっている。組織は、競争力を維持するとともに、コネクテッドエクスペリエンスを生み出すよう、さらなるプレッシャーにさらされている。Salesforce傘下のMuleSoftが公開した「2020:接続性ベンチマークレポート--世界800人のITリーダーのインサイト」によると、ITプロジェクトの数は40%増加すると予測されている一方、企業の82%がITチームに顧客のコネクテッドエクスペリエンスを生み出すよう指示しているという。MuleSoftによる独自のリサーチや、サードパーティーの調査結果を吟味することで、デジタル変革のジャーニーの途上にある最高情報責任者(CIO)やITリーダー、組織が直面するトレンドが見えてくる。

 以下は、2021年のデジタル変革を形作る8つのトレンドだ。

  1. デジタルレディーな文化:組織は、サービスのデジタル化を大規模かつ迅速に実現して顧客の需要の増加に応えるとともに、新たな収益チャネルを生み出すよう求めるさらなるプレッシャーにさらされている。
  2. イノベーションの民主化:業務部門のユーザーはデジタルな顧客エクスペリエンスをより迅速に生み出そうと尽力している。IT部門は業務部門のセルフサービス化と、ソリューションの迅速な調達を支援することで、文化的な変革を推進する必要がある。
  3. コンポーザブルエンタープライズ(組み替え可能な組織):アプリが極めて特化した目的を担うようになり、その数が大きく増えた結果、組織はアジリティーを高めるためにコンポーザブルエンタープライズにシフトしつつある。コンポーザブルエンタープライズでは、デジタルな能力を毎回ゼロから開発するのではなく、APIを用いて既存アプリケーションを組み合わせて実現できるようになる。
  4. 自動化:組織は、運用効率の向上や業務プロセスの改善のために自動化を活用している。APIは、自動化の推進と生産性の向上に向けた鍵となる。
  5. APIのセキュリティ:平均的な企業には900のアプリケーションが存在している。新規エンドポイントの増加によって新たな侵入経路が生み出されるため、APIの堅牢なセキュリティが求められる。
  6. マイクロサービス:組織は新たな顧客エクスペリエンスを迅速に開発するためにマイクロサービスに目を向けている。本番環境にマイクロサービスを配備する企業は、その規模を拡張するために何らかのサービスメッシュを必要とするようになる。
  7. データによる分断:顧客の進化する期待に応え続けるために、組織はデータをくびきから解き放ち、洞察を得るための近道を模索している。2021年は、データが組織と競合他社を、そして組織と顧客を分かつ年となるだろう。つまり、データを解き放ち、分析し、それに基づいて行動する能力が成長に欠かせなくなるということだ。
  8. データアナリティクス:組織は顧客エクスペリエンスを変革するために、データアナリティクスに投資している。データアナリティクスの価値は分析対象のデータに依存することになる。
デジタル変革
2021年のデジタル変革を形作る8つのトレンド

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]