編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ
AWS re:Invent

AWSが新しいコンピュートインスタンス発表--「Graviton2」を使用した「C6gn」など

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-02 13:17

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間12月1日、一連の新しいコンピュートインスタンスを発表した。今回発表された主な内容には、「Amazon EC2」の5つの新インスタンスタイプ、「AWS Outposts」の2つの新しいSKU、米国に設置される3つの「AWS Local Zones」などがある。

 新しく追加されたEC2インスタンスには、「AWS Graviton2」プロセッサーを使用した「C6gn」インスタンスが含まれている。このインスタンスは最大100Gbpsのネットワーク帯域幅を持ち、x86ベースの同クラスのインスタンスと比べ、価格性能比が最大で40%向上しているという。

 2019年に発表されたGraviton2は、AWSと同社のグループ企業であるAnnapurna Labsが設計したARMベースのプロセッサーだ。Graviton2はクラウドネイティブアプリケーションに最適化されており、64ビットの「ARM Neoverse N1」コアをベースとして設計されている。

 今回、新たに発表されたEC2インスタンスには、他に次のようなものがある。

  • グラフィックスを多用するアプリケーション向けの、AMDのGPUを使用した「G4ad」インスタンス
  • 「Intel Xeon Scalable」プロセッサーを使用した「M5zn」インスタンス。オールコアターボを使用して最大4.5GHzの周波数で動作し、現行のM5インスタンスと比べコア当たりの計算性能が最大45%向上している
  • Intelのプロセッサーを使用した、従来より大容量のローカルHDDストレージを持つ次世代のストレージ最適化インスタンスである「D3/D3en」
  • 同サイズの「R5」インスタンスと比較して3倍のパフォーマンスを実現した、「Amazon Elastic Block Store」(EBS)向けのメモリー最適化インスタンスである「R5b」。AWSによれば、R5bはAmazon EC2で利用可能なものとしては最高のブロックストレージパフォーマンスを実現しているという

 AWSはその他にも、AWS Outpostsに1Uサーバーと2Uサーバーのフォームファクタ―を持つ製品を追加した。同社は、フォームファクターが小さいほど、空間的に制約がある拠点でもAWSをオンプレミスで利用しやすくなると述べている。またAWSは、「AWS Local Zones」をボストン、ヒューストン、マイアミにも拡大する。2021年には、同サービスを新たに全米の12都市に展開する予定だという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]