編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

エプソン、A3カラーページプリンターと複合機の新モデル

藤代格 (編集部)

2020-12-04 06:45

 「EPSON」ブランドの国内販売を担うエプソン販売(エプソン、新宿区)は12月3日、A3カラーページプリンターで分速35枚の「LP-S8180」シリーズ、分速30枚の「LP-S7180」シリーズ、A3カラーページ複合機で分速35枚の「LP-M8180」シリーズ、計9機種を発表した。プリンターは12月10日、複合機は2021年1月21日に販売する。

 S8180とS7180の収納時の筐体は、554.5mm×538mm×453mm。S8180で再現性を高めるPostScript(PS)互換言語に対応する「S8180PS」と、S7180に用紙カセットを1段増設、筐体が554.5×538×592.4となる「S7180Z」を用意している。

2シリーズの筐体イメージ(出典:エプソン) 2シリーズの筐体イメージ(出典:エプソン)
※クリックすると拡大画像が見られます

 LP-M8180シリーズは、大量にスキャン、コピー可能な150枚セットできる自動紙送り装置(オートドキュメントフィーダー:ADF)を搭載。を搭載。「M8180A」のほか、ファクス対応の「M8180F」、PS互換言語に対応する「M8180PS」、用紙カセットを2段増設する「M818AZ3」、ファクス対応で用紙カセット増設した「M818FZ3」の計5機種で展開する。いずれも収納時の筐体を555mm×768mm×1245mmとしている。

シリーズ筐体イメージ(出典:エプソン) シリーズ筐体イメージ(出典:エプソン)
※クリックすると拡大画像が見られます
価格、従来機種など(出典:エプソン) 価格、従来機種など(出典:エプソン)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]