編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホテルのように働く場を選ぶ--サービスナウが「Workplace Service Delivery」提供

大場みのり (編集部)

2020-12-03 17:50

 デジタルワークフローソリューションを提供するServiceNow Japanは12月3日、ニューノーマル時代に適したワークプレースの構築を支援する「Workplace Service Delivery」の提供を開始した。この製品は、あらゆる部門の従業員向けサービスを一つの基盤で管理し、部門横断型のワークフローを支援する「Employee Workflows」の一部として提供される。同製品の提供に伴い同日、説明会が開催された。

 提供の背景について、ソリューションセールス統括本部 人事総務ソリューション事業部 事業部長の壹岐(いき)隆則氏は「コロナ禍で働き方の多様化が急速に進む中、多くの企業はオフィスの位置づけを『唯一の働く場所』から『一つの選択肢』へと変え、設備やレイアウトの見直しに着手している。その際、ホテルの部屋のように、必要に応じてデスクや会議室を予約して仕事をする『ホテリング』という考え方が重要となる。場所やデバイスを問わず、従業員が簡単に予約できる仕組みが求められている」と説明した。

 Workplace Service Deliveryには、以下のような機能がある。

Workplace Reservation Management

 モバイルデバイスやデスクトップから、座席、会議室、駐車場などを1日/1週間単位で予約することができる。会議室の予約では、参加人数を入力して検索結果を絞ることも可能。「スペシャルリクエスト」では、車いすの利用やケータリングの有無も指定することができる。

(出典:ServiceNow Japan)
(出典:ServiceNow Japan)

Workplace Visitor Management

 オフィスへの来訪者を登録することができる。担当者は従業員サービスポータルから、ServiceNowのバーチャルエージェントを呼び出し、来訪者の名前や日時、場所、目的などを入力する。受付の担当者らは、リアルタイムのダッシュボードで来訪者の到着状況を確認することが可能。

(出典:ServiceNow Japan)
(出典:ServiceNow Japan)

Workplace Reporting Dashboards

 企業のシニアマネジメント層は、各事業所の利用状況や従業員向けサービスのパフォーマンスをリアルタイムに知ることができる。例えば、会議の参加人数から、最適なミーティングスペースを検討することが可能となる。これまで別々のシステムにあった情報が集約されることで、経営層は従業員向けサービスの向上や最適化に何が必要なのかを判断できるようになるという。

(出典:ServiceNow Japan)
(出典:ServiceNow Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]