編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
米ZDNet編集長Larryの独り言

セールスフォースによるSlack買収、その狙いと計画

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2020-12-07 06:30

 SalesforceがSlackを買収することを明らかにした。買収規模は277億ドル(約2兆8900億円)で、同社はこの買収によって、コラボレーションやワークフローの分野を強化していくことを狙っている。Slackは将来、基本的に、Salesforceの製品「Customer 360」のフロントエンドになる。

SalesforceのSlack買収後の戦略骨子

 先週リークされた今回の買収は、Microsoftとそのプラットフォームである「Teams」との対決の準備だ。SalesforceとMicrosoftは、CRM(「Dynamics 365」と「Sales Cloud」)やアナリティクス(「Tableau」と「Power BI」)の分野でも競合している。契約条件に基づき、Slackの株主はSlack株1株につき現金26.79ドルとSalesforceの普通株0.0776株を受け取る。

 Salesforceの最高経営責任者(CEO)Marc Benioff氏は、声明の中で、同社はSlackとSalesforce Customer 360を組み合わせる計画だと述べている。さらにBenioff氏は、カンファレンスコールで次のように付け加えている。

 これは次世代のCustomer 360だ。この素晴らしいユーザーインターフェースを、Salesforceのさまざまなサービスとそのチャネル、そしてあらゆるデバイス、統合された機能、インタラクションの上で行われるコラボレーションで利用できるようにすることが、私たちの究極のビジョンだ。

(中略)私たちは、Slackは世代を代表する企業プラットフォームだと考えている。Slackは、今回のカンファレンスコールに出席している企業でも、Salesforceや当社の多くの顧客企業でも中枢神経の役割を果たしており、あらゆる人や物をつないでいる。そして、(今回の合併によって、SalesforceとSlackは)より大きく、よりよく、よりエキサイティングになる。今回の買収は、企業や、人や、データや、ツールを1つにつなぐ。あらゆるCRMの情報や、営業情報や、顧客とのやりとりを見られるようになる。また、Slackのメリットを拡大した「Slackコネクト」を見れば、従業員がパートナーや、取引企業や、顧客と安全に連携して働けるようになることも分かるだろう。

 Salesforceにとって、企業やパートナーのコラボレーションを可能にするSlackコネクトとCustomer 360の連携は重要だ。Salesforceがコラボレーションの分野に取り組むのは今回の買収が初めてではない。Salesforceは2009年に「Chatter」を立ち上げており、2016年にはQuip買収しているし、最近では「Salesforce Anywhere」をロールアウトしている。SlackのCEOであるStewart Butterfield氏は、Salesforceの買収は「ソフトウェアの歴史の中でももっとも戦略的な組み合わせ」だと述べている。

 Benioff氏は、自分はこれまで長年にわたってソーシャルエンタープライズについて語ってきたが、Slackの買収によって、ようやく本来のビジョンが実現すると語った。

 コラボレーションインターフェースや動画ベースのインターフェースは、この業界の次の大きな流れになるだろう。しかしそのサービスを支えるのは、多くの充実したサービスやアプリケーションであり、機能の統合であり、人工知能(AI)であり、その基盤となる巨大なデータレイクだ。問題は、どうやってそのすべて融合させて、ユーザーや、高度なプロフェッショナルや、労働者や、知識労働者や、企業のCEOが利用できる形にし、それを効果的な体験に変えるかだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]