編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

生協さっぽろ、「SmartHR」活用--社会保険や雇用保険の電子申請義務化に対応

藤代格 (編集部)

2020-12-07 06:45

 生活協同組合コープさっぽろ(札幌市西区、正規職員数2351人)は、12月1日からクラウドベースの労務手続き支援サービス「SmartHR」を導入。人事労務業務を効率化しつつ、義務化される電子申請に対応するという。12月3日、SmartHRが発表した。

 2020年4月から大企業などを対象に、社会保険、雇用保険の電子申請が義務化。正規職員2351人のほか契約職員2211人、パートやアルバイトが1万673人という同組合が活用するソフトは高額なバージョンアップが必要な反面、システム間のAPI連携に非対応。業務時間削減は見込めなかったという。

 操作に慣れが必要で、人事への問い合わせの3割が操作方法だったとしている。

 SmartHRは電子申請に対応しつつ、追加費用なしでサービスが自動更新。

 本人が情報を入力するため、人事担当の二度手間を削減。従業員、人事担当ともに直感的に操作可能で、スマートフォンやタブレットなどでどこからでも手続きできるという。

 API連携できるサービスは40以上。人事担当者の業務効率向上を目指すとしている。

連携サービス例(出典:SmartHR) 連携サービス例(出典:SmartHR)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]