編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

コロナ禍で加速、標準的な開発モデルを再考--ローコード開発が拡大する理由

ZDNet Japan Staff

2020-12-05 08:00

 ここ数年、ローコードアプリケーション開発の世界では、定期的な革命が定着している。敏捷性に優れたこれらのソリューションを利用することで、組織は既存のITチームを活用したり、フレームワークでコーディングする秘技を必ずしも専門としない従業員に力を与えたりして、プログラムやアプリケーションを迅速に作成することができる。

 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを受けて、ここ数週間、ローコードソリューションの利用は増加する一方である。より多くの企業が経費を抑え、顧客やチームと対話する新しい方法を模索するようになったからだ。

 いろいろな業界におけるローコードソリューションの最近の普及拡大と今後の展開について詳しく知るため、われわれはさまざまなローコード開発企業の関係者に話を聞いた。

パンデミック下の世界で標準的な開発モデルを再考する

 興味深いことに、ローコードは実際には何十年も前から存在していた。それでは、これらのフレームワークはなぜ最近になって普及が進み始めたのだろうか。その答えにはさまざまな変動的な要因が含まれるが、重要なのは技術的なタイミングだ。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]