編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

開発者は1000台想定、実際は3000万台以上--「Raspberry Pi」が人気な理由

ZDNet Japan Staff

2020-12-06 08:00

 「Raspberry Pi」の成功は、予想を上回るものだった。当初は子どもがプログラミングを学ぶための安価なコンピューターという位置付けで、開発者が考えていた販売台数は1000台だったが、これまでに3000万台以上が売れている。

 2020年3月だけでも、出荷数は何と64万台だ。これは、月間販売台数としては過去2番目の数字となる。8GBの「Raspberry Pi 4 Model B」の登場により、控えめなシングルボードのRaspberry Piは、メインストリームPC市場の制覇に本腰を入れて挑み始めている。

 言うまでもないが、英国で設計されたこのクレジットカードサイズのコンピューターは、まさに文化的な現象だ。本記事でその理由を説明しよう。

概要

  • どんなものなのか:わずか5ドルで購入できるクレジットカードサイズのコンピューターであり、大勢のアマチュア開発者やハードウェアハッカーで構成されるコミュニティーを生み出した。
  • 何ができるのか:多くの用途がある。低価格ながら、余計な機能がない実用本位のPC、ポケットサイズのプログラミング用コンピューター、自作ハードウェア用のハブなどとして使用できる。
  • なぜ重要なのか:世界中の児童のプログラミングに対する興味を喚起し、次世代の開発者の育成を図る上で最適なマシンだからだ。
  • 誰が影響を受けるのか:Raspberry Piを購入して、いろいろと試してみたいという人。
  • 競合製品にはどのようなものがあるのか:「Rock Pi 4」のようにスペックで「Raspberry Pi 4」を上回るボードや、もっと安価なボードはあるが、Raspberry Piほどソフトウェアやコミュニティーサポートが充実しているボードはほとんどない。
  • いつから利用できるのか:今すぐ購入できる。2012年の発売以来、2500万台以上が販売されており、「Raspberry Pi 4 Model B」のリリースによって再び需要が活発になっている。
  • どこで使用されているのか:世界中で使われており、公式フォーラムはアクティブユーザー26万人以上のコミュニティーをサポートしている。
  • 誰が提供しているのか:コンピューターの仕組みについて世界中の人に関心を持ってもらうことを使命とする非営利の慈善団体Raspberry Pi Foundation。
  • どうすれば利用できるのか:Raspberry Piの公式リセラーからオンラインで購入できる。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]