編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」
調査

企業のデジタル化をリードしているIT部門は約2割--ガートナー調査

NO BUDGET

2020-12-08 14:42

 ガートナー ジャパンは、企業のデジタル化をリードしているIT部門が約2割しか存在しないとの調査結果を発表した。アナリスト シニア ディレクターの片山博之氏が、「CEOに1ページで見せるIT部門の価値:2021年バージョン」という講演で明らかにした 。

日本企業におけるデジタル化へのIT部門の関与の状況
日本企業におけるデジタル化へのIT部門の関与の状況

 ガートナーは、6月に年商1000億円以上の国内企業のCIO(最高情報責任者)やITリーダーを対象に調査し、この中で「自社のデジタル化にIT部門はどのように関与していますか」と尋ねた。その結果、「関与しており、取り組みをリードしている」との回答は23%だった。一方、「関与しているが、取り組みのリードはしていない」は40%、「関与していない/分からない」は37%とだった。

 講演の中で片山氏は、「ビジネス部門の要求通りにITを構築する」「コストとリスクにだけ注力することで全体最適を実現する」ことは、IT部門としてのタスクとしては重要とはいえ、経営トップからすれば当たり前な行動であるとした。その上で、IT部門の価値を高める行動については、「働き方改革をサポートする」「ビジネスの効率化や拡張をサポートする」「デジタル化のサポートをする」といったことが挙げられるとし、さらに、上流の企業全体のデジタル化をリードしていくことが、価値向上につながるとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]