編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

メールでの混乱を回避--東映アニメとコロプラの「Slackコネクト」活用術 - (page 2)

阿久津良和

2020-12-09 06:45

 Slack Japan シニアプロダクトマーケティングマネージャー 伊藤哲志氏はSlackコネクトについて、「アプリケーション連携やAPIによるシステム連携などを通じて、密な関係を社外の関係者と構築できる」と主張する。

Slack Japan シニアプロダクトマーケティングマネージャー 伊藤哲志氏
Slack Japan シニアプロダクトマーケティングマネージャー 伊藤哲志氏

 また、Slackは外部協力者を自社ワークスペースに招く「ゲストアカウント」を用意しているが、1つのチャンネルに招待可能な人数など各種制約があった。

 Slackコネクトの利点について伊藤氏は「有償プランを契約する組織同士を任意のチャンネルでつなげる。現在、無償プランの組織に対しては、有償プラン契約企業側から招待することで、90日の試用期間を用意している」と説明した。

 また、独自の暗号化キーを用いてデータの制御やアクセス状況を可視化する「Slack Enterprise Key Management(EKM)」にも対応することで、企業間のセキュリティを担保する。今後はプライベートの招待リンクを相手に伝えることで、互いの自社Slack環境からダイレクトメッセージを送信する「SlackコネクトDM」、コロプラが利用している自動承認機能の一般提供を予定している。

ゲストアカウントとSlackコネクト、メールの相違点 ゲストアカウントとSlackコネクト、メールの相違点
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]