編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

SUBARUとKDDIがパートナーシップ--通信を活用した安心安全なクルマ作り目指す

NO BUDGET

2020-12-09 09:41

 SUBARUとKDDIは、通信を活用した安心安全な自動車のためのパートナーシップを構築した。

 このパートナーシップでは、SUBARUの新型車「レヴォーグ」を皮切りに、自動車とコールセンターが24時間体制でつながる事故自動通報「ヘルプネット」や「SOSコール」などの機能を提供し、安全の確保や早期救命に貢献していく。また、通信回線を利用して車両のリコール情報を通知する機能や故障を診断する機能なども提供する。

連携イメージ
連携イメージ

 SUBARUでは、新型レヴォーグから2022年までに日本を含む主要市場において8割以上の新車をコネクテッドカーへ切り替え、中期経営ビジョン「STEP」で目的として掲げている「2030年死亡交通事故ゼロ」の実現を目指していく。

 KDDIはこれまでも「グローバル通信プラットフォーム」の提供を通して、コネクテッドカー領域において安心安全で快適な自動車の利用を支えてきた。今回のパートナーシップ構築により、SUBARUのコネクテッドサービスの発展に貢献していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]