レッドハット、「Kubernetes Operator Project」を開始

國谷武史 (編集部)

2020-12-09 15:11

 レッドハットは12月9日、Kubernetesプラットフォーム「Red Hat OpenShift」の普及を図るパートナー・エコシステム支援プロジェクトの新施策「Red Hat Kubernetes Operator Project」を開始すると発表した。

 この取り組みでは、2019年12月に第一弾として「Red Hat OpenShift Managed Practice Program」を展開済み。今回のRed Hat Kubernetes Operator Projectは第二弾という位置づけで、ソフトウェアパートナー企業向けに展開する。

Openshiftにおけるパートナー・エコシステム支援プロジェクト
Openshiftにおけるパートナー・エコシステム支援プロジェクト

 記者会見した常務執行役員 パートナー・アライアンス営業統括本部長の金古毅氏は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を背景にしたアプリケーション開発においてコンテナーの採用が拡大していくとし、その基盤としてのOpenShiftの採用拡大を図るとした。今回の施策では、コンテナーアプリケーションの運用を自動化する「Kubernetes Operator」を中核に据え、パートナーがKubernetes Operatorなどを活用したソリューションを提供していく。

 同日時点で伊藤忠テクノソリューションズ、SCSK、オージス総研、サイオステクノロジー、セゾン情報システムズ、ソリトンシステムズ、日商エレクトロニクス、NEC、日立製作所、富士通がプロフラムに参加を表明した。

 またレッドハットは、「Operator開発検証パートナー支援体制」も提供し、無償開発検証環境を日本IBMが、Operator開発支援をコムチュア、サイオステクノロジー、リアルグローブ・オートメーティッドが有償提供する。

 この他に、さまざまなKubernetes Operatorのポータルサイト「OperatoreHub.io」、レッドハット認定製品検索の「Red Hat Ecosystem Catalog」も提供する。2021年には「Red Hat Marketplace」を国内でも一般提供するという。

記者会見したプログラム参加企業の関係者
記者会見したプログラム参加企業の関係者

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]